ホルモン異常による薄毛とは?
もう薄毛なんて言わせない!女性の薄毛対策におすすめのクリニック
女性に多い薄毛の原因とは?
頭皮の血行を改善する方法を紹介
薄毛で悩んでいる女性におすすめしたい薄毛対策クリニックランキング
もう薄毛なんて言わせない!女性の薄毛対策におすすめのクリニック
  1. 若い女性にも増えているホルモン異常による薄毛について

薄毛の原因とはズバリ!女性ホルモンによる影響だった

薄毛の原因とはズバリ!女性ホルモンによる影響だった

女性の薄毛の原因には、女性ホルモンが深く関わっていると言われています。私は子どもの出産後にむくみが酷かったので、病院で診察を受けたらホルモンバランスの異常が原因の一つだと言われたことがあります。薄毛にとどまらず、全身に影響する人もいるそうです。

では、女性ホルモンが減るとどんな症状が起こるのでしょうか?

調べたら大きく分けて以下の7つになりました。

①肩こり腰痛・関節痛

女性ホルモンが減ると、骨密度や筋肉量が減り腰の骨が弱くなったり、肩こりや関節への痛みがでたりします。筋肉が衰えると血流が悪くなり、代謝も低下するので太りやすくなったりします。また、体を支えられなくなるので姿勢も悪くなります。

②頻尿や残尿感を感じる

尿のキレが悪かったり、何度トイレに行ってもスッキリしないというお年寄りに多い排尿障害ですが、酷くなると膀胱炎になる場合もあります。こちらも女性ホルモンが影響していると言われており、閉経後は排尿機能の低下という症状が表れる人も多いようです。

③精神神経系症状

更年期の女性に多い、「怒りやすくイライラする」「頭痛やめまい、吐き気がある」「寝つきが悪い、眠れない」「くよくよしたり憂鬱になったりする」などの精神神経系症状は、女性ホルモンの分泌が急減することにより自律神経が不安定になって起こる場合があります。

④肌のたるみやシワ

女性ホルモンのエストロゲンは髪や肌をみずみずしく保つ働きがあります。こちらが減少すると肌のツヤやハリが失われ、たるみやシワが出来やすくなります。肌の状態などは、日常のケアや老化に問題があると思われがちですが女性ホルモンの影響も受けています。

⑤生理不順

女性ホルモンの分泌量が減少すると、生理不順や無月経など様々な不調があらわれます。

ホルモン分泌が滞ることにより、生理痛、めまい、吐き気、生理前の不快症状(PMS)も引き起こしやすくなります。また、閉経後はさらに女性ホルモンの分泌がガクッと減るので不調を感じやすくなります。

⑥自律神経異常

女性ホルモンのバランスが崩れると「自律神経失調症」にかかりやすくなります。これは女性ホルモンの分泌の変化が自律神経の調整に大きな影響を与えるためで、「イライラ」「憂鬱」「不安」などの精神症状を引き起こす原因となります。

⑦抜け毛

よく出産後に抜け毛が増えると言われるのは、髪の成長をサポートする女性ホルモンが出産で急激に減少するためです。出産直前まで女性ホルモンで成長を維持していた髪が休止期に入り、一気に髪の毛が抜けるようです。一時的に髪の毛は薄くなりますが、だんだんと元に戻ります。

女性ホルモンを整える方法を紹介

女性ホルモンを整える方法を紹介

女性ホルモンは女性の美や健康を保つために、なくてはならないホルモンです。そのバランスを少しでも崩すと、精神的や肉体的にも大きな打撃を受けます。女性なら、いつまでも艶やかで美しくきれいでいたいものです。そんな多くの女性の為にも、女性ホルモンの乱れを整える効果的な方法を紹介します。

調べた結果、以下の3つが効果的だと言われています。

①良質な睡眠をとる

睡眠不足は女性ホルモンのバランスを崩し、老化の原因にもなります。逆に言うと、良質な睡眠は女性ホルモンの乱れを整えてくれるのです。また、睡眠不足は薄毛の要因にもなるので、規則正しく寝て、日中のダメージを修復させることが重要です。

睡眠不足は万病の元です。寝不足が続いたり睡眠の質がよくなかったりすると、ホルモンバランスに異常を来すだけでなく体と精神にも大きなダメージを受けます。

②リラックスする

極度に緊張する、胸のドキドキが止まらない、手が汗ばんでいるなど、誰でも生きていればストレスを感じる場面は多くあります。しかし極度のストレスは女性のホルモンバランスを崩し、知らず知らずのうちに心と体を蝕んでいきます。ストレスの感じ方は人それぞれ違うので、自分に合ったストレス解消法や精神を落ち着かせる方法を見つけておきましょう。自分がいつでも心地よくリラックスできる時間を意識的につくることで、女性ホルモンの乱れを整えることが出来ます。

③栄養バランスの良い食事をとる

女性ホルモンであるエストロゲンを増やす食べ物は一般的にざくろや山芋、大豆食品と言われています。しかし、これらだけをひたすら大量に食べ続けても女性ホルモンの乱れは整いません。重要なのは栄養バランスの良い食事をとる事や、偏食をしない事です。

ダイエットによる極端な食事制限、たんぱく質が不足したメニュー、体内のミネラルを奪うインスタント食品などはホルモンバランスを乱すので避けましょう。