頭皮の血行を良くして育毛効果を高めましょう!
もう薄毛なんて言わせない!女性の薄毛対策におすすめのクリニック
女性に多い薄毛の原因とは?
頭皮の血行を改善する方法を紹介
薄毛で悩んでいる女性におすすめしたい薄毛対策クリニックランキング
もう薄毛なんて言わせない!女性の薄毛対策におすすめのクリニック
  1. 頭皮の血行を改善する方法を紹介

頭皮が硬くなってしまう原因は?

頭皮が硬くなってしまう原因は?

薄毛や抜け毛が増えだすと気になるのが、頭皮の環境です。脂が毛穴に詰まり炎症を起こしたり、フケが大量に発生したりするのも薄毛の原因と言われますが、実はそれら以外に「頭皮の硬さ」も髪に大きな影響を与えるのをご存知でしょうか?

頭皮が硬くなってしまう原因としては以下の3つがあげられます。

①血行不良

頭皮の血行が悪いと、血流が不足し髪の成長に必要な栄養素が毛根などの細部にまで十分に行き届かなくなってしまいます。その為、栄養が不足して髪が成長できなくなります。

頭皮の血行が悪くなる原因はストレスや運動不足、自律神経の乱れなど様々です。こういった症状を回避するには、まず日常生活の改善からはじめましょう。

②紫外線

紫外線は真皮を破壊しシワやたるみのもとをつくるUVAとメラノサイトを活性化させるUVBの2種類があります。この2つの紫外線はいずれもシミやそばかすの原因となり肌の老化を早めます。女性はこまめに日焼け止めを塗るといったような、紫外線対策をしている人が多いと思いますが、頭皮まで対策をしている人はいないのではないでしょうか。頭皮も紫外線を浴びると老化し硬くなります。

③筋力の衰え

頭頂部に筋肉はありませんが、前頭部と後頭部にはそれぞれ筋肉があります。加齢やストレス、様々な要因から頭皮の筋力も衰え硬くなってしまいます。

頭皮の硬さは薄毛と関係している

頭皮が硬くなるのは血行不良、紫外線、筋力の衰えが原因であると言われていおり、そのまま放置しておけば、乾燥してさらに硬さが進行していきます。なぜ硬い頭皮は乾燥しやすいかというと、その原因もまた血行不良にあります。血行不良は毛根や毛母細胞への栄養不足につながり、その結果、肌のターンオーバーを乱してべたつきやフケの原因にもなります。

頭皮の血行不良は髪の成長に致命的なダメージを与えていることがよくわかると思います。そこに追い打ちをかけるように数々の悪条件が複雑に合わさって、薄毛、抜け毛の症状があらわれます。血行不良、そしてそれによって引き起こされる頭皮の硬さは実は薄毛やハゲに深い関わりがあったのです。

頭皮の硬さチェックは自分でできる方法もあるので試してみましょう。

まず、両手の指を広げて頭皮を指の腹で包み込むように押さえます。そのまま指の腹を使って前後左右に頭皮だけ動かしてみましょう。健康な頭皮だと、まるでかつらがずれるように動きます。微動だにしないようでしたら、頭皮はカチカチに硬い状態です。

頭皮の色をチェック!

頭皮の色をチェック!

頭皮の色によっても血流の状態を調べることができます。鏡でパッと見える分け目などの地肌は日焼けして元の色ではない場合が多く正しい判断ができません。場所によっては湿疹やトラブルもあるので、何か所かチェックしましょう。

頭皮にはたくさんの毛細血管があり、体内でもっとも血流量の多い場所だと言われています。血流が多いとたくさんの栄養を頭皮の細胞の隅々まで運ぶことができるので、髪も艶やかで健康な状態を保つことができます。

しかし、頭皮の血行が悪くなると血流が滞り頭皮の色も変わってきます。頭皮の色は青白いほど健康な状態です。さらにキメが整っていてツヤがあれば問題がありません。

頭皮の色が白い人はやや乾燥気味です。角質が剥がれやすくフケやかゆみを発生させる原因になるので、保湿が必要です。頭皮が黄色い人は毛穴に皮脂が詰まっている可能性があり、べたつきなどの症状が出やすい状態になっていると言えます。頭皮が赤い人は、何らかの炎症を起こしている可能性があるので要注意です。かなり血流が悪くなっている状態です。腫れや痛みを伴う場合は皮膚科や専門病院で診てもらいましょう。